statement

 

My work is established through the process of painting with the most minimum number of

 

elements and excerpting a “surface quality” invariably expressed in oneself out of the exploration

 

of the relation of myself to others. As for me, in other words “red blue green □△□” which

 

consist of cut down elements play the role of elements to build up the world and a behavior of

 

creating work by painting also comes to reflect the epitome of the world. From there,

 

I want to ask the meaning of a  human existence beyond an individual subjectivity. 

 

 


 statement

 

私の作品は、限りなく切り詰められた最小限の要素で、描いていく事で否応なく現れる

 

個としての「表層の質」を自己と他者との関係性の中から模索する事で成り立ちます。

 

私にとって、その切り詰められた要素を構成する「○△□ 赤青緑」は言い換えれば世界を構成する

 

エレメントとしての役割を果たし、絵画上で紡ぎ上げる行為自体が世界の縮図を反映する

 

事になるものなのです。 そこから個人の主観を超えて世界と人間存在の意味を問いていきたいと思います。

 

 

Copyright (C) Seigo Aoki 2014 All rights reserved.